車検予約・お問い合わせ

車検ができる車やさんの選び方って?

車検やさんの選び方とは?

車検やさんの選び方とは?

車検はどこの工場でも同じだと思っている方もいるでしょうが、実は整備工場には「認証工場」と「指定工場」の二つの工場があります。

どちらも自動車の分解整備ができる設備・スペースがあり、国家2級の整備士を有する点は同じなのですが、
検査ラインを持っているかどうかが大きく異なる点です。
※ちなみに当店は、どちらの資格も保有しています。

認定工場とは

地方運輸局長から資格が認められた工場で、整備士免許を持つ人材と一定の設備を保有していることが条件となっています。
車の分解・点検を行うことができますが、検査ラインを持っていないため、点検整備後に運輸局へと車を持ち込み、国の検査員から合格をもらう必要があります。
不合格の場合、再度工場にて検査・運輸局への持ち込みが必要なため、車検がおりるまでに数日にちがかかることもあります。

指定工場とは

認証工場の資格を保有している工場が申請を行い、設備や管理体制など一定要件をクリアできると指定工場へとステップアップすることができます。
民間の検査員・検査ラインを保有しているため、運輸局へと車を持ち込むことなく、店舗(工場)にて車検が終了します。
もちろん新しい車検証もその場にて発行することができるため、持ち込んだ当日に車検が完了する点がメリットです。

ユーザー車検

車検はご自身で運輸局へと車を持ち込めば、誰でも行うことができます。
しかし認定・指定工場でない限り分解・点検を行うことはできないため、実際に愛車がどのようになっているのかはわかりません。
安全性を確認するための車検なので、しっかり点検・整備が行える国が認めた工場を選ぶことが重要です。

未認証工場

ブレーキなどを分解することは法律違反ですが、なかには認証・指定のどちらの資格も保有しない非合法な整備工場もあります。
資格を保有する工場には必ず運輸局が発行したプレートが掲げられているため、
まずはこちらを確認しましょう。

ページ上部へ